シイタケは肥満や便秘の予防・改善の効果が期待

シイタケは肥満や便秘の予防・改善の効果が期待

風味も食感も良いシイタケは、ダイエット向きの食材であるというイメージが強いのではないでしょうか。

 

シイタケはその90%が水分で、100g当たりの熱量は約18キロカロリーです。カロリーが低いことの方が注目されがちですが、実は栄養的にもかなり優れているのです。
たとえば食物繊維。100g当たりの含有量をみてみると、何と「繊維がたっぷり」という印象のあるごぼうよりも多いのです。しかも干しシイタケでは、さらにその量は増えます。このように肥満や便秘の予防・改善の効果が期待できるのです。また、カリウムも豊富ですから、血圧の上昇を抑えたりもしてくれるのです。

 

特に中国では、昔からシイタケをはじめとするきのこ類は「不老長寿」の食材であると考えられてきたそうです。

 

事実、シイタケには先ほど述べたような栄養素だけでなく、生理活性成分といわれるものも多く含まれています。そのため、血中のコレステロールや中性脂肪を下げて動脈硬化を防ぐ働きであったり、気菌やウイルスなどを撃退する働きもあることが明らかになっています。さらにガンや生活習慣病の予防効果も期待できますから、とても健康的な食材であるといえるのです。

 

シイタケはその栽培も盛んですから、スーパーなどではほぼ1年中、安定した価格で購入することが可能です。和食だけに限らず、いろいろな料理に使えるというのも魅力ですね。料理に使う際には、事前に少し天日に当てることでビタミンDを効率よく摂取することができます。ビタミンDにはカルシウム摂取を促進する働きがありますから、骨の強化にもつながります。風邪やインフルエンザの予防効果もあるそうです。干しシイタケであっても、最近のものは天日ではなく電気によって乾燥させていることも多いようですから、同じように天日に当ててあげると良いのではないでしょうか。

 

このようにシイタケには、健康の維持に役立つ栄養成分がたっぷりと含まれています。普段、あまり目立つような食材ではありませんが、注目する価値は十分だと言えますよ。