メール術で気になる人を振り向かせよう!

メール術で気になる人を振り向かせよう!

気になる人とLINEなどで連絡を取り合う人も多いかと思います。そんな時、相手を振り向かせるためのSNS術(メール術?)をお話しします。

 

素早く返信しない

 

まず、まだ相手は自分に恋愛という意味での関心はないと判断できる場合は、すぐに返信をしないようにしましょう。気になる人からのLINEなどにはすぐに飛びついてしまいがちですが、すぐに返信をしてはいけません。余りに早く返信をしてしまうと、「重い」「暇なの?」といった印象を与えてしまいかねません。まず10分は待つようにしましょう。

 

「は」「わ」など、日本語は正しく!

 

もうこれは当たり前ですが、「は」や「わ」などは正しく使いましょう。たまにfacebookなどを見ていると、「私わ」などと書いている子持ちのお母さんなどもいますが、日本語は正しく... 結婚を意識するような年齢の男性は、社会的にもそれなりに地位についている可能性もあります。そんな中、日本語が正しく使えないというだけで「恋愛対象外」にもなり兼ねません。特に相手が気になる相手ならば、日本語は正しく使いましょう!

 

連絡は簡潔に!

 

長々と絵文字を含めて返信をするのはやめましょう。あなたが返信をする今、気になる彼は忙しいかもしれない!そんな時は簡潔な連絡の方が好感度を高めます。言いたいことは手短にまとめ、しつこい絵文字は避けましょう。最後に1つくらい、かわいらしい絵文字を加えるだけで印象が変わります。

 

ハートマークなどは使わない

 

相手に寄せている行為を示すためにハートマークを付けるひともいますし、男性によっては「俺に気があるのか!?」と喜ぶ人もいるかもしれません。ただ、中には「軽そうな人」という印象を持ってしまう人がいるのも事実。あなたは決して安い女ではありません。自分の価値は高く見せなければなりません。そんな時、「安そうな人だ」というイメージを与えてはなりません。そのためハートマークは使わないようにしましょう。

 

挨拶は大切!

 

おやすみ、おはよう、頑張ってね、お疲れ様、などの挨拶は男性に良いイメージを与えます。特に仕事から帰ってきて疲れた時、そんな労いの言葉があったら嬉しいものです。また、「疲れているだろうから返信はいいよ」などと一言添えると、「優しい人だな」という印象を与えることもできます。

 

LINEなどのケータイでの連絡は便利ですが、使い方を誤れば逆効果にもなり兼ねません。正しく使って、気になる人をゲットして下さい!